エアメール|住所の書き方や郵便の出し方 ⇒ 中国・韓国、台湾など海外への出し方
年賀状は日本文化で私たちの暮らしに大切なひとつになっていますが、
これは日本文化だけのことなのでしょうか?
日本の近隣の国では年賀状が存在するのかまたそれに変わるものがあるのか
エアメールで年賀状を送る前に、海外の年賀状事情を見て行きたいと思います。

まずお隣の韓国(大韓民国)の年賀状事情ですが、
日本の郵便局にあたる郵政事業本部から毎年11月より
年賀ハガキと年賀カードが発売されます。
これには日本のである「お年玉つき」のようなくじはついていません。
日本のような友人・知人・会社関係お世話になっている方などへ
大量に送る習慣はなく手軽なメッセージカードのようなものです。

中国(中華人民共和国)での年賀状は、
結構歴史があり上層士大夫の間で、深遠の方々に挨拶を綴った簡単な手紙を送る習慣があった事から始まっています。

宋、周時代では上層士大夫の交際はとても広く厚くおこなわれていて、
お付き合いしている方全員に新年の挨拶をする事は不可能で、
とても親しくお付き合いしている方以外のには「梅花箋」という紙できた、
幅2寸、長さ3寸の日本で言う名刺のような物に相手の名前・住所・めでたい言葉をなどを書いて、
代わりに召使をつかって新年の挨拶に廻らせていました。
それが中国での年賀状の起源となっているようです。

中国では現在日本と同じような年賀状のような挨拶状が存在し、やはり赤い色の物を使用するが中国では多いようです。

日本と同で郵便局で販売され、またパソコンなどでオリジナルのイラストつき年賀状を作成するという人も増えてきているそうです。

中国、韓国の他の隣国にも台湾、タイ・マレーシア・ベトナム・シンガポールさらにオーストリア・ロシアなどにも年賀状が存在しているようです。
干支もありますが各国により少し違っているようで日本と台湾がいのしし年の時は中国ではぶた年、ひつじ・やぎなど異なっています。

日本でも他国でも年賀状の文化はいつまでも残ってほしい文化です。
エアメールで年賀状を送り海外との友好を深めたいですね。


海外への年賀状の投函日│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方
年賀状を日本国内に送る時は特別扱いがあり
1月1日につくように郵便局で保管されていますが
海外向け(エアメール)年賀状にはそのような年賀状の特別取扱いはありません。
中国・韓国で国内向けにはにはあるみたいですが、
国際郵便(エアメール)には適用されていません。
だからエアメールで年賀状を1月1日に確実に届ける手段はないと思っていいです。

とはいってもできるだけ新年に届けたいですね。
新年に届くようにするには、
通常の到達期間を基準にして計算(届けたい日から減算)し投函日をきめましょう。
でも年末年始は国内便だけでなく国際郵便もやはり混雑し延滞気味になりますので、通常の到達期間より多少時間がかかりますので到達日数を少し多めに計算しましょう。

キリスト教の信者の方に送る場合は、クリスマスカードと合わせ、
「Merry Christmas and Happy New Year」
などを記載し12月25日頃に着くように送るのもいいですね
ただ日本のようにキリスト教でなく仏教などの信者であってもクリスマスを祝うような事が他国ではあまりありませんので送る相手の宗教観にも注意が必要ですね。
特にイスラム教人の方にこんなメッセージカードを送ると大変なことになります。


はがき(葉書)について│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方 │中国・韓国 隣国の年賀状
イタリヤの郵便業務の取り扱いは
各国の郵便局と比べて、昨年やっと少し改善できた国として認められたそうです。
こんな情報を知りました。

でもまだイタリアの配達はかなり日数がかかるそうです。
日本の郵便状態は丁寧らしく比べてしまうと・・納得してしまいます。

どんな感じかと思いますよね、知った情報として
まず、イタリヤに居る友達に、日本からクリスマスカードをエアメールで
送ったそうです。
なぜか・・2ヶ月もかかってやっと到着、見てみると
なんと、切手が貼ってなかったそうです。

途中ではがれてしまったのかもしれませんが、
日本の場合もし切手が貼り忘れているのなら、返却されますよね。
届いたってことは
明らかに、イタリヤにつく途中で紛失してしまったのですね・・

また、切手がない空白箇所に郵便局のスタンプが押してあって
何事もないように、到着したそうです。
イタリアではこんなトラブルが多々あるようです。
トラブルは送るほうとしては防ぎようがないので
お国柄を考えて「イタリアへ送る時はこんなもんだぁ」と思いつつ送るようにしましょう。

イタリアで最近改善出来たのには、ポスタプリオリタリアという、新しいシステムで日本には、一週間で届くようになったそうです。
その時エアメールで送る際、「Posta Prioritaria」または「Via Mail」と
記入します。
書き忘れてしまいますと、エアメール金額の切手を貼っていても、船便に
なってしまうそうですよ。

国外で、イギリスなどもまだ、日数にばらつきがあるとの話もあるようです。
   

宛名の表記法│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方 │はがき(葉書)について
エアメールをフランスなど欧州へ送る場合は
かなり距離も遠く送る側としてもいろいろ心配になります。

手紙などが、フランスへ確実に届くのか
もしフランスに着かずどこかで紛失してしまったら
不安なので保障があるのかと、調べてみました。

フランスなど海外へおくるときは、EMSで送ったほうが速くて安全と、郵便局でも勧められました
なぜかと思い聞いてみると

EMS便は、国際郵便の中で最優先に取り扱われ、民間会社が関わっているそうです。
しかも航空便と値段は、ほとんど変わらないそうです。

内容物を保障してもらえる保険を1000円前後で付けられる(保障金額に応ずる)ので、万が一の場合に備えて、付けておくと安心ですよね。

また、EMSに関しては、配達票番号から配達状況追跡ができるんです!!

通常の郵便物は、ラポスト(La poste フランスの郵便局)が配達を行っているのですが、EMSに関しては、子会社のクロノポストが請け負っているようです。
 
フランスでの保管期間は15日間なので、積極的に配達状況を確認して、
届きべき日にこなかったら問い合わせることが出来ますね。


切手について│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方 │届くまでの日数
エアメールを韓国に送る場合のノウハウについて書いてみます

韓国へ送るときの料金は、国際郵便用の切手もありますが、
定形(25グラム以下)で90円なので、国内用が使えるようです。
切手を貼り、お近くのポストへ投函すれば韓国へ到着します。

また、最近ではAir Mail専用の封筒が100円ショップでも購入できるので、簡単で使いやすいですね〜〜。

それを使用しても、良いですし、通常のレターセットや封筒をつかうなら
赤色のペンで「by air mail」もしくは「bia air mail」と書くそうです。

韓国の場合まだ近距離なのでそう遅く着きませんが
書き忘れると船便扱いになり到着がおくれるそうですよ。
あて先はもちろん韓国ですからハングル文字で書きます。
でないと韓国についてから、配達するのに郵便配達の方が読めないです。

単に手紙を出したいだけなら、「エアログラム」なら世界中そのまま送れますので、韓国へもこれが使えます。
これは郵便局で販売しています。

外国向け封緘(ふうかん)航空郵便、国内では郵政公社がミニ-レターとして取り扱いされていますね

また、切手付き封筒兼用便箋)の国際版として発行しているそうです。
手紙の海外文通交換などを良くされてる方は愛用してるそうですよ

料金は宛先にかかわらず均一なのが魅力ですね
また、封筒内への添付・封入は不可らしいですよ。


封筒の選び方│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方 │住所のかきかた
エアメールを中国に郵便で送る場合の表書き(宛名・住所)の書き方について書きます。

中国への封筒・はがき(郵便)の宛名書きは日本と同じような書き方で
ローマ字表記ではなく漢字で書く書き方になります。

【中国への宛名・住所の書き方 サンプル】

郵便番号→中国→省→市→町→番地→建物名→(社名)→受取人の順です

※社名 宛先が会社(事業所)の時書きます

表記例:
  Air Mai
xxxxxx              (郵便番号数字6桁)
中国               (または中華人民共和国)
浙江省杭州市xxx○○号  (日本の漢字表現でいいです)
【ビル・マンション名等】9楼 (楼:階数のこと)

胡錦濤 収         (男友達 目上の方は先生収)
金美麗 収         (女友達 目上の方は女士収)

----------中国の場合のサンプル ここまで------------

日本の郵便局の方が見てわかるように国際郵便とみてわかるように
「Air Mai」の文字は必要です。できれば青や赤で書くようにしましょう。

中国での郵便は宛名に先生・女士という表記は昔はよく使いましたが
最近ではあまり書かないようになってきているそうです
しかし、丁寧語としてはつけた方がいいですね。

郵便番号はつけなくても届きますが
住所が地方(田舎)の方への配達だとつけないと
日本と同じで中国でも結構時間がかかります。

封筒などに書く時の書き方も縦書はせず横書きが普通のようです。

中国は隣国で文化交流も活発になり、留学生や就業ビザでこられてる方、また中国移民も随分増えてます。
友人や知人が中国へ赴任や出張という言葉もよく聞き、結婚相手を見つけた方もいます。

中国の方と方と親しくなったら、日本と同じように年賀状などだしてみるといいですね。


手紙の書き方、礼状例文サイト - livedoor Blog 共通テーマ


プライバシーポリシー│ 中国・韓国、台湾など海外への出し方 │料金はいくらかかるのか?
エアメールの項目・説明
エアメールを海外へ送ることも最近ではよくあることとなってきました、各国への宛名の書き方などはネットでいろいろ調べて見ましょう。

  • エアメール、書き方、宛名
  • 料金、日数、住所、封筒
  • 中国、台湾、韓国
  • フランス、イタリア
  • 郵便局、はがき、切手
  • 海外からの送り方
  • 青い(青色)エアメール
  • アメリカ、香港、書留
  • オーストラリア、便箋


  • エアメイルの書き方はネットで調べていると各国でいろいろ宛名書きのルールがあります。
    それぞれの国にあった方法でエアメイルを書かないと届かなかったり、日数がかかたり、また失礼にあたることもあります。
    海外の日本人に贈る場合はまだいいのですが、外国人の友人知人に郵便を出すときは十分注意しましょう。


    • ライブドアブログ
    更新時の利便性