エアメール|住所の書き方や郵便の出し方エアメールの書き方 ⇒ 届くまでの日数

届くまでの日数

エアメールの着く日数はどれくらいなのでしょうか。
日数は送る国にや送り方にもよりかわります。
目安の届くまでの日数を調べてしました。

すばやく国外に配達可能なのは航空便、時間がかかるけど割安の魅力の船便そのなかで、どのくらいで届くのかと思いますよね。
正確ではありませんが、目安として日数は下記になります。

○航空便(エアメール)の場合○
飛行機で輸送するため、3〜6日程度の日数で届くそうです。

○エコノミー航空(SAL)便の場合○
6〜13日程度かかるそうです、国外の取り扱いによっては、さらに日数が
かかる場合があるそうです。

○船便○
1〜3ヶ月ほど時間がかかるようです、船で輸送をしますから
かなり、日数はかかりますが、安い料金だそうです。

○EMS(国際スピード郵便)○
各国お客様に2〜4日程度で国際郵便の中でも、最優先に取り扱いして
くれるので、早いそうです。
安心の追跡サービスとして、配達状況が分かるそうです、インターネットで調べられて、地域によっては、届く日までの日数や予定を検索できるサービスが人気だそうです!!

ただし、日数は目安みたいですよ、去年転勤で(台湾)からやっと、日本に帰国した友達から聞いたのですが、
台湾から日本に送るのは、早く届くのですが、逆だとかなり日数がかかるそうです。
どちらかの郵便局の配達の段階で、処理が遅れてるんじゃないかとの話でしたよ。

フランスに送る宛名の表記法
エアメールの項目・説明
エアメールを海外へ送ることも最近ではよくあることとなってきました、各国への宛名の書き方などはネットでいろいろ調べて見ましょう。

  • エアメール、書き方、宛名
  • 料金、日数、住所、封筒
  • 中国、台湾、韓国
  • フランス、イタリア
  • 郵便局、はがき、切手
  • 海外からの送り方
  • 青い(青色)エアメール
  • アメリカ、香港、書留
  • オーストラリア、便箋


  • エアメイルの書き方はネットで調べていると各国でいろいろ宛名書きのルールがあります。
    それぞれの国にあった方法でエアメイルを書かないと届かなかったり、日数がかかたり、また失礼にあたることもあります。
    海外の日本人に贈る場合はまだいいのですが、外国人の友人知人に郵便を出すときは十分注意しましょう。


    • ライブドアブログ
    更新時の利便性